美学は決して譲れないからこそ美学なのです

 当社の諸元は以下のようになっています。


社名
有限会社エイビープラス
英文社名:ABplus Inc.
代表者
取締役 樋田 一幸
社員数
1名
設立
1996年8月
資本金
300万円
本社所在地
〒240-0006
神奈川県横浜市保土ヶ谷区星川1-24-23-201
事業内容
ソフトウェア開発・販売
コンサルティング
取引金融機関
横浜銀行 保土ヶ谷支店

 当社のおかれている状況と主な事業を紹介します。


事業概要

 当社は法人にはなっていますが、会社概要からもわかるように、社員は自分一人で、実際にはフリーランスのプログラマです。
 それでも設立以来かれこれ十数年、続けてきました。単なるコーダではなく、顧客の要求を的確に把握し、それを実現することができるアーキテクトでもあったからだと自負しています。

 しかし、時代は流れ、ITを業務に組み込むことが当たり前になって、ありとあらゆる分野で優れたパッケージ製品が登場するとともに、顧客のシステム設計技術も向上してきた現在、必要とされるのは、パッケージを前提にした業務システムを製造するための安価な労働力であって、高度なスキルが求められる場は、ごく少なくなってしまいました。

 それでも当社は、プログラマという仕事にこだわりたいと思います。

デバッグ

 デバッグとは、本来、プログラムの不具合を解消するまでのことを意味します。不具合を発見することは、テスト&デバッグ工程では大切なことですが、発見することと、その問題を解消することは、また別の話です。

 何が問題なのかを把握し、またそれを再現し、その原因を追及し、プログラムを修正して、正しく動作することを確認する。言葉で言えばこれだけのことですが、バグの存在自体がイレギュラーなわけですから、こうすればOKというような手順の決まった作業ではなく、勘と経験がものをいう類の話です。 もちろん、それなりの方法論はあるわけですが、万能なものではなく、 置かれた状況から適切な方法を選ぶことが必要です。

 三日で作ったモジュールのデバッグで、同じく三日費やすこともありますし、一つのバグで一週間悩み続けることもあります。もし、自分の思いつく原因(と思われるもの)がなくなってしまったとしたら、別の意味でデバッグは終了です。引き出しの数が十分でなければ、デバッグを行うことはできません。

 当社では、二十年近くのキャリアを活かして、お客様とともに、原因究明、改善提案、またデバッグそのものを行います。

モバイル・アプリケーション + ウェブ・アプリケーション

 IT分野では、その黎明期から現在に至るまで、常にダウンサイジングし続けてきました。メインフレームからワークステーションやパーソナルコンピュータへ。

 そして、いまポストPC時代に向かっての動きが始まりました。当社としても、これまでのしがらみを捨て、ウェブとモバイルに特化して、あるいはその連携によるシステムの開発に取り組んでいます。

 当社とモバイルの関係は、PalmをはじめとするPDAの時代にまでさかのぼります。その視点から見ると、インターネットにつながったスマートフォンというのは、モバイルの完成形のように感じられます。以前はオタクの趣味であったモバイル・コンピューティングが、いま人々の生活のなかで、主要な位置を占める。いいかげん薹の立ったロートルにも燃える時代が再びやってきた。そう感じられます。

 当社は一人法人なので、会社の実績は代表者個人の経歴とほぼ一致します。そこで、代表者の経歴を以下に示します。


1988年

プログラマ以前

大手食品メーカーに入社後すぐに、外部の工場を手がけるために設立された子会社に出向し、入社1年ほどは施工管理の補佐を行っていたが、その後、プロジェクトの設計から引き渡しまでトータルに従事。

1992年

修行期

大手SIベンダに転職。前職でのプラントに関する知見とマネジメント経験から、生産管理システムの開発に、プロジェクト・リーダーとして従事。なぜか、この時点で既にプログラミング・スキルもチームで一番高かったため、プレイング・マネージャとして、部下を管理しつつ、自分もコーディングを行う。

1996年

黎明期

上記SIベンダを退社。一人法人として有限会社エイビープラスを設立。

SIベンダ時代に納めたシステムのメンテナンスや、それに類するシステムの受託開発作業を請け負う。

PLCのラダープログラムとPCの連携や、プラントの上位制御などプラント・エンジニアリングに関連するシステムを多数開発。

2008年

不遇の時

仕事量が激減(新規案件が無くなってしまった)し、過去のシステムのメンテナンスが細々とあるだけで、固定費削減と収入の安定を図るため、常駐中心の営業に移行。

はては派遣会社に登録し、その紹介案件で糊口をしのぐ。

2013年

新たなるスタート

ポストPC時代を見据えて、ウェブと連携したモバイル・システムを中心として受託開発を承っております。

ウェブ・アプリケーションではRuby on Rails、モバイルはAndroidを得意としていますが、長年の経験と常に新技術に対応してきたので、大抵のシステムは扱えるようになっています。


また

にて、スキルや実績を照会しているので、こちらも併せてご参照ください。

 当社の代表者は、このような人です。


 デブ、ハゲ、喫煙者という現代における三大被差別属性を兼ね備え、おまけに生まれつき軽い発達障害持ちという残念な存在。

 喫煙をやめないのは、たばこ農家を守るためらしい。

 当社が何故設立されたのかを通して、当社の経営理念を紹介します。


存在理由

 当社は、なんのために存在しているか。

 実質的には、ただの個人事業主であるのに、なぜ法人になっているかという問いに対しては、単に、その方が便利だったということになってしまうのですが、なぜ、会社員をやめて独立したか、という点について話せば当社のレーゾン・デートルにつながると思います。

些細なことが我慢できない

 僕は、些細なことを我慢することが嫌いです。例えば、キーボードが劣化して特定のキーが引っかかるような感じがする。そういうときには、新しいキーボードに買い換えます。プログラマのような頭脳労働では、ちょっとしたことを我慢するだけで、生産性が落ちます。1万円もしないようなものを買い換えるだけで、それを防げるのならば、安いものだと考えます。

 しかし、多くの企業では、物品の購入は一社員の判断だけで簡単に行える物ではありません。同様に、安価なツールを購入して使えば、無駄な手間を削減できるような場合でも、それが使えずに手作業で時間をかけて行わなければならないようなこともしばしばあります。

 大きなことは我慢せざるを得ないこともあります(もっと広い仕事場が欲しいとか)が、ちょっとしたことで解決する些細なことは、我慢したくありません。これが、当社を設立した動機です。

IT技術はなんのため

 当社が扱っているソフトウェアというものは、なんのためにあるのか。端的に言ってしまえば、面倒なことを簡単にすませることができるようにするため、あるいは、手間がかかりすぎて実現不可能なことを可能にするため。そう言い切ってしまってかまわないと思います。

 我慢なんかしなくていいんです。そのために、コンピュータとソフトウェア、そしてインターネットがあるのです。人間と野生動物の違いは、道具を作り、使うことで生産性をたかめ、よりよい暮らしを追求することにあります。

閑話休題

 あらためて、当社は、なんのために存在しているのか。

 ソフトウェアという道具を通じて、自分自身を含めた人々が、我慢することを減らして、より豊かな生活をおくれるようにするために、当社はあります。

「ソフトウェアを通じたQoL(Quality of Life)の追求」こそが、当社の理念です。

 当社では、たんなる労働力の提供を行っているわけではなく、作り上げるソフトウェアの価値を重視しますが、目安は必要と思いますので、以下におもな単価を示します。


時間単位契約
15,000
円/時間
日単位契約
100,000
円/日
月単位契約
1,500,000
円/月〜
年間契約
12,000,000
円/年〜
(宿泊を伴う場合)
+20,000
円/泊
(交通費)
実費
(遠距離の場合のみ)

上記はあくまでも参考であり、作業場所や作業内容等と含めて、お打ち合わせした上で契約条件を決定します。

月単位契約および年間契約の場合、業務に差し支えない範囲で(了解を得た上で)、一月あたり2〜5日程度のお休みをいただくことがあります。

当社では、常に、社長を募集しています。

 器用貧乏なプログラマをうまく使って、壮大なことをやってのけるビジョンをお持ちの方。基本的に怠惰なプログラマのジョブ管理をできる方。s@abplus.comまで、お問い合わせください。